【必見】台風が来てからは遅い!事前の準備が大切です!

 

最近、大型の台風による被害が多く見受けられます。
台風接近時に住まいの外壁や屋上、ベランダなどの塗膜が劣化していると、通過した際に多大な損害が出てしまう可能性があります。
ですので、台風が来る前に外壁塗装・防水工事を行っておきましょう!

今回は、事前準備が行われていないケースの主な被害をご紹介します。

雨漏り

台風が来ると、物凄い量の雨が降ります。
その雨が原因で発生する雨漏りの例としましては、

外壁にあるひび割れから屋内に浸入。
外壁材同士のつなぎ目にあるシーリングが剥がれて、雨水が浸入。
屋上やベランダに施されている防水層が劣化して、そこから雨水が浸入。

などです。
いずれも、劣化した箇所や防水機能が低下していた箇所が、大雨や強風が決定打となって雨漏りに繋がっています。
被害が深刻な場合、建物自体を建て変えないといけないことも……。
そうなると、数百万~数千万円という莫大な費用がかかってしまいます。
さらに、しばらくの間は今住んでいるところで生活ができなくなります。

外壁や屋上、ベランダに気になる点がありましたら、まずは点検だけでも相談しましょう。

「補修が依頼できない」ということがある

台風が通過した後は、塗装業者や防水業者は、いろいろな建物の修理やメンテナンスに追われることになります。
ですので、万が一、住まいに不具合が発生しても補修を依頼できる業者がしばらく見つからず、数日後の対応となってしまうこともあるでしょう。

そうなると、業者の補修を待つ間は、雨漏りを我慢し続けなければならず、劣化箇所もさらに深刻になってしまいかねません。

事前にしっかりと対策して、万全の状態を維持させましょう!

おわりに

大雨と強風を持つ台風は、建物に対して深刻なダメージを与えることがあります。
そのため、劣化の速度がより早く進行したり、既に不具合が生じている箇所から雨漏りを引き起こしてしまったりします。
台風の被害を食い止める上で大切なことは、何より事前準備!
定期的な外壁塗装・防水工事で、安全な暮らしを確保しましょう。
「いきなりの工事はちょっと……」っと思われる方は、まずは点検だけでもお気軽にご依頼ください(^^)


一覧ページに戻る