防水工事

建物に降り注ぐ雨風や紫外線を跳ね返し、耐久性と美観性を長期的に守るために行われる防水工事。
そんな防水工事の工法は様々で、現場の状況によって使い分けられています。

塗装工事を行っている当社は、防水工事にも対応可能!
施工箇所の状態を正しく見極めて、適切な処置を施します。
塗装工事と合わせて、ベランダ防水・バルコニー防水・屋上防水などの防水工事も入角塗装にお任せください。

■ 耐水・耐蝕・耐候性などあらゆる機能性に優れたFRP防水

強度が高く耐久性に優れたFRPと呼ばれる素材を応用し、防水塗料材として活用しているのがFRP工法。
FRPで作られた防水層は、軽量で強靭。保護層が不要で重歩行や車両走行にも耐えられます。
耐水・耐蝕・耐候性など、あらゆる機能性に優れているため近年注目を集めている塗装防水です。

ただし、樹脂が硬化するまでの間は、臭いが周囲に広がることがあるので、臭気対策が必要です。
FRP工法は特に、木造住宅のバルコニーや屋上、薬品層や下水道施設などに用いられています。

■ 国内で半数以上のシェアを占めているウレタン防水

ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を撹拌して塗膜するウレタン防水は、現在国内で行われている防水工事の半数近くを占めていると言われています。
下地の形状に馴染みやすく、屋上やベランダなど施工箇所を選びません。
基本的にどんな現場・どんな箇所にも適していますが、特に適しているのは、貯水槽や室外機などの設備が多い屋上・複雑な形状の現場・狭いスペースなどが挙げられます。

一覧ページに戻る